東京やわらか ドント・ウォーリー

東京やわらか

アホまみれな人生です。

ドント・ウォーリー

交通事故で胸から下がまひしながらも、再起した風刺漫画家
ジョン・キャラハンの自伝を基にしたドラマ。→yahoo映画

監督:ガス・ヴァン・サント
キャスト:ホアキン・フェニックス、ジョナ・ヒル、ジャック・ブラック他

 「ドント・ウォーリー」DON'T WORRY, HE WON'T GET FAR ON FOOT

実在の風刺漫画家ジョン・キャハラン。
きっと日本人でも一度は作品を目にしたことがあると思う。
自伝を基にドラマ化していて、どこまで脚色しているのかが気になりますが。
人生模様がみれてよかったです。
日本語訳の本があれば読みたいのですが。検索しても出てきませんでした。

donntoulori-.jpg

回想シーンがいいです。
最初の頃はアルコール依存ぶりに痛々しかったです。
そんな絶望しきった時に。救いを求めてあるところへ参加します。
その最初のきっかけを作ったのは自分なわけで。
ずっと探していた答えを一瞬にしてわかる時がくる。
お酒もパッタリとやめて。どんどん人生が前向きに動き出していく。

20190510.jpg

メッセージ性が強い映画だと思いました。
よいセリフが色々あります。メモしたいくらいです。
彼のような特別な才能がなくても、諦めずにもがいていけば。
きっと納得のいく答えってみえるのでは?と思いました。
あとは誰かと比べても仕方がないですね、やっぱり。
私もとっても弱い人間で依存気味、人生に絶望しているところがあるので
負けるなと勇気をもらえた気がしました。

この映画はロビン・ウィリアムズが映画化を構想し、
当時から相談を受けていたガス・ヴァン・サントが監督をつとめた作品。
ガス・ヴァン・サント監督といえば。「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」や「ミルク」など。
人物の心の描写がいいですよね。私は「ミルク」が好きです。
 
[ 2019/05/12 ] | 映画・舞台 | CM(0) | TB(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://tokyoyawaraka.jp/tb.php/2239-17288d25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

やわらか

Author:やわらか
アラフォー
自由に好き勝手に生きたいだけ

 

 

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

メール

plusyawaraka@gmail.com

 

QR