東京やわらか 布文化と浮世絵の美術館 アミューズミュージアム①

東京やわらか

アホまみれな人生です。

布文化と浮世絵の美術館 アミューズミュージアム①

布文化と浮世絵の美術館 アミューズミュージアムに行きました。
浅草寺を正面にみて、東に進むと2.3分ぐらいでたどり着く場所。

amyuzubijyutukann.jpg

一般1080円。私はぐるっとパスで無料で入場できました。
(この入場料は高いと思いました)

公式より抜枠→
「江戸時代から何代にも渡り、青森の山村、農村、漁村で使われてきた
“ぼろ”と呼ばれる衣服や布類が多数あります。
ボロ着物は、今や「BORO」として世界共通語となるほど高く評価されている。
寒100年の時を越えて公開されているこれら「BORO」コレクションは、
布のエコロジーの極致であり、布を愛し慈しんだ人々が生んだ
消費文化の対極のアートであるといえるでしょう。 」


ということで。あれこれと写真を撮りました。一部撮影NGもあり。
写真がごちゃめいて、回った順番ではないです。

boro.jpg

ボロと言われる着物が飾られています。何代にも渡って、縫いつないできたもの
ボロければボロいほどに~いいですよね。

boroboro.jpg

当時の布の切れ端も展示してあって、これは触れます。手袋などの小物類もありました。

         borohagire.jpg

            hahanokotoba.jpg

どれも色合いがセンスいいと思いました。考えてお洒落に。

boronofuku.jpg

              sagyouchuunano.jpg

一番気に入ったのはこの展示。女性用の前掛け。
腰巻き。かわいくないですか?欲しすぎる~

kosimakimaekake.jpg

                                kurakumazusiiseikatunonakademo.jpg

これは、何かのカバーだったと思う。

         kotatufutonn.jpg

               
            osyarenafuku.jpg

まだレインコートがなかった時代。これが今でいうレインコート。

reinnko-tonokawari.jpg

館内は当時の時代をそのままに残しつつも。
現代風にアレンジしたお洒落な展示でセンスよく。
他にも当時使っていた、民具や古い家具も展示されていました。
写真が多いので~もうこれ以上いま以上は~
また次回へと。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
[ 2016/05/11 ] | 東京おでかけ

やわらか

Author:やわらか
アラフォー
自由に好き勝手に生きたいだけ

 

 

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

 

QR

 

メール

plusyawaraka@gmail.com